和の結婚式の様相

和の結婚式で使われる曲

結婚式で使われる和の曲

一昔前、結婚式そのものが和でした。家や神社で式を挙げる人も少なくなかったようです。服装も、女性は振袖、留袖と着物がほとんどでした。それが1番の礼装の時代だったのです。結婚式の余興も三味線やお琴まで用意して踊りまで披露し、中には詩吟のです。や浪曲で盛り上げる人もいたのです。式に相応しい歌謡曲が定番で、洋楽を歌う人などほとんどいなかったのです。稀に洋楽を熱唱する人がいて、何故か歌う人の多くが自分自身に酔いしれるという傾向があるのが不思議です。今の時代、式には華やかなドレスやスーツの女性も多く洋楽で盛り上げるのにも違和感はないです。邦楽がメインだったあの頃は、もう過去のものでしかないのかもしれません。

和を意識した結婚式が人気です。

結婚式といえば、以前は教会やホテル内のチャペルで行う洋風が人気でした。しかし、近年は神社やお寺で神前式や仏前式を行う「和」を意識した結婚披露宴を執り行うカップルも増えてきています。このような和を意識したブライダルプランを取り扱うブライダル専門業者も存在しています。また、挙式や披露宴は洋風で行い、写真撮影だけ白無垢や袴姿で思い出を残すカップルもいます。地域別では、歴史がある神社やお寺が多数ある京都ではこのような神前式や仏前式が特に人気があります。観光地として有名な京都では、宿泊施設も充実している点でも選ばれやすい要因になっています。

↑PAGE TOP